2012_01
22
(Sun)23:40

同姓同名

チェリーが高校生の時の話です

(最近思い出話が多いかも・・・
 あのね、断捨離してると懐かしいモノも出てきたりして
 思い出が色々蘇ってくるのよね)

それで部活の大会の応援に行った時に
後方にチェリーと同じ部活の○○君を見かけたの
懐かしいと思って左後ろに振り返って声を掛けました

『○○君!』  あら反応がない

『はい』

もう一度 『○○君だよね!』  やっぱり反応がない

『はい』

これで最後 『☆☆○○く~ん!!』  
やっぱり気づいてない

『はい』

体育館の中は歓声やら笛の音で賑やかく
カービーの声はかき消されちゃってるみたい

ちょっと待って!?
さっきから右後ろから『はい』って返事が聞こえてる?

右後ろを振り返ったら男子生徒と目が合ったんだけど
知らない子だし・・・

なんだかモヤモヤしたまま
帰宅してチェリーに不思議体験を話したら

同じ部活に☆☆○○君っていう男子が2人いるんだって

マジで~!?

知ってる☆☆○○君を呼んでる間
ずっと知らない☆☆○○君は
返事をしていてくれてたんだね

しかもやっと振り向いたと思ったら
『誰?』みたいな反応されちゃって

ホントにあの時は
知らない☆☆○○君、ごめんなさいでした




ひよこ   
«  HOME  »
  送迎班

C.O.M.M.E.N.T

あらま^^;

私も同じような経験があるので
すぐに状況が浮かんできました。
今は 笑える話になりました^^

2012/01/23 (Mon) 19:22 | K-tooko #YD14tAto | URL | 編集 | 返信

K-tooko様

状況わかります?
わかってもらえてうれしいです
いい言葉でいえばミラクル体験
悪い言葉でいえば天然ボケでしょうか
なかなか貴重な三角関係体験でした!(^^)!

2012/01/23 (Mon) 21:43 | スピマユ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック