2013_09
26
(Thu)23:32

*正直者*

アメリカ ボストンのお話

あるところに正直者のホームレスがいて

400万円程の
トラべラーズチェックと現金が入ったリュック

これを拾って警察に届けたら
正直で素晴らしいって表彰されたそうな

アメリカは日本と違って
拾った人への謝礼がないらしいね・・・

この正直者のホームレス
病気がもとで定職につけなくなってしまったとかで

メディアがこの話を伝えると
全米が賞賛

『この人の治療費を出そう!』

この話に感動した人の呼びかけで
6日間で1400万円の募金が集まったそうな

正直者は救われる!
というイイお話

     

コレはつい先日
カービーが新潟から帰って来る時のお話

ICカードを使って
高速バスに乗った時のこと・・・

『機械が壊れてICカードが使えません
 いつでもいいので次回乗った時に
 今日の分を払ってくれれば結構です』

ICカードで降りる人に
こう説明し始める運転手さん

もともと現金払いの人は
料金箱にお金を入れて降りて行ったけれど

ICカードをタッチして乗った人は
料金を支払わないまま降りて行ってたの

そのうち事情を察知して

『私、ICカードを使って乗ったけれど
 現金で払うわね』

そう言って降りていくお客さんも出始めて

やっぱり日本ってイイ国だなぁ
なんて思ってたの

・・・で、そういう自分はどうすんのよ?
って話だけど

ICカードにガッチリとチャージしたあとだったし

お言葉に甘えて
そのまま降りる気満々でいたんだけどね

ふと自問自答

今度高速バスに乗る時って
いつになるのかなぁ・・・

その時に自分はこの日の分を
本当にちゃんと払うんだろうか・・・

自分が正直者かどうかが試されるなぁ
なんて思ってたの

終点で降りるカービーを含めて
乗客があと数人ってところで

『すみませーん
 代わりのバスが来たので
 乗り換えをお願いしまーす』

正常にICカードが使えるバスに乗り移って
普通にICカードでバスを降りたので

自分が正直者かどうかは
分からずじまい

     

正直者っていうキーワードの
イイ話とちっちゃい話のご紹介でした


C.O.M.M.E.N.T

ほんとだね。
バスに乗るためにチャージしたのなら、
現金で払いたくないなーって思うところだけど。
でもやっぱり、そのまま降りちゃうってのも、後味が悪くなりそうだよねー(^^  

いいことといえば。
若いころは、断られたら…とか、かえって迷惑かなとか、思っちゃって、
なんとなく 恥ずかしくて躊躇してしまっていた「いいこと」。
年をかさねると、簡単にできちゃうんだよねー。
「席を譲る」とか、 
お店や駐車場とかで見かけた「障害者の方のサポートをする」とか。
照れがなくなったというか。。
ま、ある意味、ずうずうしくなってきたのかな (^^;

2013/09/27 (Fri) 09:05 | まんまるこのマルかぁさん #JalddpaA | URL | 編集 | 返信

マルかぁさん様

ここんとこ涼しいね~(^O^)/

バスの運転手さん
ICカードのお客さんに
『できれば現金で・・・』とか言わないのー
それにも秘かに感心しておりました(*^_^*)

うんうん!そだね(^◇^)
席を譲る時
控え目に小さな声で『どうぞ・・・』じゃなくって
『はい!どうぞ、座って~』って感じになったかな(笑)

そういえば
先日JR線を乗り継いだ時
迷ったらすぐ誰かに聞く!っていう
図々しい自分を発見したところデス(^_^;)

2013/09/28 (Sat) 19:26 | スピマユ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック