2013_01
26
(Sat)22:45

まじめな話

北海道新聞の連載シリーズ
『タマゴマンは中学生』の
詩画作家 坂本勤さんのエッセイを読んだ

     

キリンとカメの話
DSC_0126.jpg
キリンがカバの絵を描く

キリンは上から見るから
真っ黒けなかたまりをカバだと思う

カメは下から見るから
真っ黒な泥の付いた天井をカバだと思う

お互いの絵を見せあって
「似てない」と言いあって
一緒に本物のカバを見に行く

そして「ほら、やっぱり俺が描いた絵のとおり」
と言いあって

お互いが自分だけは本物を見ていると思っている

     

見ている位置や、見ようとする目がみんな違うから
同じものでも全然違うように見える

意見が食い違っても
それは当たり前のこと
    
そう思うとあんまり腹が立たない

      

坂本勤さんの話は
いつもわかりやすくて優しいです



余談ですが

ブログカウンターがもうすぐ5555
ゾロ目の瞬間見られたら嬉しいな

今日も訪問してくださってありがとうございます
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック